Company Info– 企業情報 –

社長メッセージ

代表取締役 吉竹 雄次

顧客満足のために、進化し続ける企業

 テレコムスクエアの企業哲学は、顧客満足の極大化です。 現状に甘んじることなく、お客様に満足いただけることだけを目指し、自らが積極的に変わっていく。それが、激しい競争を勝ち抜いてきた私たちの成長の原動力といえます。例えば創業以来の携帯電話レンタル事業も、今や提供するサービスのひとつにすぎません。環境や顧客ニーズの変化に合わせ、SIMのみ、端末のみのレンタル、さらには販売など、柔軟な形での提供が求められています。
 また、国内マーケットにとどまるのでなく、インターナショナルなマーケットにも目を向けたビジネスの展開、携帯電話を通じてソリューションと情報を提供するためのポータルサイトの構築など、モバイルから広がる新しい事業へ、新たな可能性への挑戦を続けています。

代表取締役吉竹 雄次代表取締役 吉竹 雄次

経営哲学

ボーダレスなモバイルソリューションを目指して…。

海外でも自国にいるときと同様に快適・確実なコミュニケーションがとれる。渡航先でのきめ細やかなサポートまでを、一つのサービスとして受けられる。 そして、これらのサービスを通じて、エリアや言語といった人と人との間に横たわるコミュニケーション上の境界を取り払う。 私たちは、携帯電話の進化を背景にこうした付加価値を創造し、モバイルを核にグローバル化するビジネスを支える「総合モバイル・ソリューション・プロバイダー」を目指してまいります。

テレコムスクエア”TS Way”

企業理念 “エクセレントベンチャーをめざして”

・私たちはベンチャースピリットを胸に抱き、新たな価値を世の中に提供します。
・私たちは、誇りの持てる仕事を通して、働く喜びを実現します。

経営ビジョン

「安心」「便利」「楽しさ」を軸に持つ、世界を舞台にしたソリューションカンパニーを目指します!

行動指針VIP

V・・・ベンチャーとしての行動 ~ 志とチャレンジ ~

I・・・インテグリティあふれる行動 ~ フェアと誠実 ~

P・・・プロとしての行動 ~ 顧客志向とセルフマネジメント ~

社会貢献活動

社内エコキャップ活動

104,799個のペットボトルキャップを回収し、765㎏相当のCO2発生量の削減と130人分相当のワクチン支援等に協力しています。(2010年2月~2016年6月時点)

地震被災者ご関係者様へモバイルの無償提供

2011年3月 東日本大震災
日本赤十字社及び地方自治体へWiFiルーターおよび携帯電話の無償提供をいたしました。
2016年4月 熊本地震
熊本地震支援者向けにWiFiルーターおよび携帯電話の無償提供をいたしました。

「つながる支援プロジェクト」

“つなげて安心、つなげて支援”をテーマに、WiFiでつながる安心と、人と人がつながることで、さらに大きな支援につなげることができる活動を行っております。ご賛同いただいたお客様の利用金額の一部は、日本赤十字社を通じて海外救援に役立てます。

2016年12月
66,500円を日本赤十字社に寄付いたしました。

会社情報

会社概要

商号

株式会社テレコムスクエア

設立

1974年(昭和49年)3月28日

資本金

50,000千円

代表者

代表取締役 吉竹 雄次

従業員数

285人(2017年6月現在)
 

事業内容

日本および世界各国の携帯電話、SIMカード、
データ通信機器など

主要取引銀行

三井住友銀行
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行

       

役員紹介

  • 取締役 石井 弘之
    取締役石井 弘之
  • 取締役 CIO 滝口 奉広
    取締役滝口 奉広
  • 取締役 馬場 良浩
    取締役馬場 良浩
  • 取締役 三宅 晶子
    取締役三宅 晶子
  • 取締役 尹 錫弘
    取締役尹 錫弘
  • 社外取締役 柴田励司
    社外取締役柴田 励司
  • 監査役 丹羽 嘉夫
    監査役丹羽 嘉夫

沿革

                 

                 

1974年 独立系商社、バーターリンク株式会社を設立
1988年 法人向けの新電電の電話回線取次事業を開始し、全国に販売網を拡大日本移動通信株式会社(現KDDI)の携帯電話の販売取次業務を開始
1991年 国内携帯電話のデイリーレンタルを開始
1992年 代表取締役に吉竹雄次就任、携帯電話レンタル事業本格始動
1995年 西武新宿駅にて携帯電話レンタル・販売の直営店舗を開設
海外用携帯電話のデイリーレンタルを開始
1996年 海外諸都市で代替品のデリバリーサービスを開始
2000年 成田空港にてレンタル携帯電話サービスを開始
2002年 株式会社グリーンポート・エージェンシーとの提携により、成田空港第2ターミナル発着階にて専用カウンター運営を開始
ワールドカップを機に、国内の通訳・ヘルプサポートを開始
関西営業所(現大阪支店)を開設
2003年 米国現地法人Telecom Square USA, Inc.を設立
株式会社テレコムスクエアに社名変更
成田空港第1ターミナル発着階にて専用カウンター運営を開始
米国・中国・欧州にて24時間日本語サポート体制が完備
成田空港第2ターミナル内に支社と物流センターを開設
2004年 関西空港到着階返却での受付を開始、主要3空港の発着階の貸出・返却体制が完備
法人コンサルティングサービス“MEGA”の発表
ポストペイドSIMカードの販売を開始
ANAとのビジネスを開始
2005年 24時間日本語・英語電話サポートの開始
名古屋支店を開設。関西営業所を大阪支店へ格上げ
ノキアジャパン株式会社との提携により、
都内唯一のノキア専門店「Nokia store東京駅八重洲地下街」を開設
国際モバイルの専門ショップ「モバイルセンター成田空港」を開設
2006年 福岡支店を開設、福岡空港にてレンタル携帯電話サービスを開始
国際モバイルの専門ショップ第2号店、「モバイルセンター関西空港」を関西空港到着階に開設
成田空港第1ターミナルオープンに伴い、南ウイング出発階・到着階にカウンター新設
訪日外国人向け通訳サービス「コンシェルジュサービス」開始
企業向け海外携帯電話のソリューションサービス「MEGA PACKAGE(メガパッケージ)」を発表
2007年 福岡空港において自社カウンターオープン
国際モバイル専門ショップ成田空港2号店「モバイルセンター成田第二」オープン
危機管理同報システム『Global Cast』サービス開始
テレコムスクエアコールセンター事業所として株式会社TSサポート設立(現アシストオール株式会社)設立
2008年 中国バイドゥ(百度)株式会社、株式会社ウィルコムと協業し、訪日中国語ユーザー向けにPHSレンタルサービスを開始
ノキアジャパン株式会社の日本における事業展開見直しに伴い、「Nokia store東京駅八重洲地下街」を閉鎖
2010年 モバイルWi-Fiルーター定額制レンタルプラン『Wi-Ho!®(ワイホー)』のサービスの提供を開始
2011年 『Global Cast』 を改良した新しい危機管理ソリューションンサービス『GCC (Global Connnect & Communication)サービス』を開始
2012年 中部国際空港で初となるモバイルレンタル専門店「モバイルセンター中部国際空港」をオープン
2013年 英国VISMO社の危機管理用の動態管理ツール「VISMO」を日本で販売開始
昭文社とアシストオールが通訳アプリ「SmartTrip」を共同開発
新千歳空港に「モバイルセンター新千歳空港」をオープン
2014年 ヨドバシカメラで海外用プリペイドSIMカード「Wi-Ho!®」販売開始
高松空港で初のモバイルレンタルサービス開始
2015年 訪日外国人向けに 電話通訳サービス付きプリペイドSIMの販売を開始
2016年 音声通話付きプリペイドSIMカードを全国のテレコムスクエア空港カウンターにて発売
訪日台湾人向けに、空港で確実に手渡しするフリーペーパーを創刊 台湾現地空港(桃園、松山、高雄)の8拠点で配布開始

ページの先頭へ