Press Release- プレスリリース -

中華電信のプリペイドSIMカードを関西空港・福岡空港のテレコムスクエア店舗にて販売開始

世界各国のモバイル通信機器を提供する株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉竹 雄次、以下当社)は、2017年12月4日より台湾最大手の通信会社である中華電信股份有限公司(以下、中華電信)のプリペイドSIMカードの販売店舗を拡大し、関西空港と福岡空港での販売を開始します。

中華電信のプリペイドSIMカード

【本リリースのポイント】

  1. 1. 中華電信のプリペイドSIMカードの日本販売は、当社のみ
  2. 2. 8月より先行販売した成田空港および羽田空港での販売が好調
  3. 3. 格安航空会社(LCC)の発着便数の割合が多い空港での販売を強化

8月より、中華電信のプリペイドSIMカード「4Gデイ型プリペイドカード 5デイタイプ」を当社の成田空港、羽田空港にある計4店舗にて先行販売しました。その先行販売が好評となり、お客様より他の空港での販売のご要望も多くいただきました。台湾到着時間が深夜時間帯になる場合や、入国審査に時間を要する場合もあるため、国内空港で事前にSIMカードを購入できることについて高評価を受けています。


成田空港および羽田空港の計4店舗での販売を分析したところ、格安航空会社(LCC)の発着便数の割合が多い店舗での販売が多く見受けられました。このことから、格安航空会社(LCC)の発着便数の割合が多い関西空港、福岡空港での販売を開始することとなりました。

本商品は、1日分の無料通信がついているため、実質6日間、データ通信量無制限でインターネットを利用できます。また、50元分の無料通話もあり、データ通信も通話も本商品1つで利用可能です。

中華電信は台湾最大手の通信会社であり、サービス提供エリアも台湾国内で最大となっています。本商品をご利用いただくと、中華電信の50,000カ所のWiFiスポットにも無料でアクセスが可能となります。本SIMカードは各種サイズに対応しているため、SIMフリー端末をお持ちの方であればご利用が可能です。

SIMカードの受け取りは、当社空港カウンターにて、モバイルレンタルサービスに従事した専門のスタッフが対応いたします。
今後も段階的に取り扱い店舗を拡充するなど、サービスを展開していく予定です。

【商品概要】

「4Gデイ型プリペイドカード 5デイタイプ」

・料金
1,400円(不課税)
・データ通信量
無制限
・通話
通話料50元分無料
・リチャージ
中華電信営業窓口または特約サービスセンター、台湾国内のコンビニでリチャージカードの購入が可能

【注意事項】
  1. 1. 本商品は上記空港カウンターのみでの販売となります。ご予約は承っておりません。
  2. 2. 本商品ご購入時、空港カウンターでパスポートと第二証明書(搭乗券または運転免許証)のご提示が必要となります。
  3. 3. 20歳未満の方への販売はおこなっておりません。
  4. 4. 本商品の販売は、お一人様につき一枚のみとなります。

【12/4より追加される販売場所】
  • ・関西空港 国際線ターミナルビル 1階「モバイルセンター関西空港中央」(営業時間7:00-21:00)
  • ・福岡空港 国際線ターミナルビル 1階「テレコムスクエア福岡空港」(営業時間8:00-21:30)

■会社概要

テレコムスクエアは、世界のモバイル通信機器のレンタルサービスを開始し、2017年で25周年となります。モバイルレンタル業界で最も多くの方にご利用いただいている老舗です。新千歳・成田・羽田・関西・中部・福岡・高松空港に全20カ所の店舗・カウンター、24時間365日対応のサポートセンター、成田ロジスティックセンターをもち、プライバシーマークを取得した体制のもと、総勢300名の自社スタッフにより運営しています。

社名
株式会社テレコムスクエア
代表者
代表取締役社長 吉竹 雄次(よしたけ ゆうじ)
本社
〒102-0076 東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル
従業員
285人(2017年6月1日現在)
設立
1974年(昭和49年)3月28日
事業内容
情報通信機器のレンタル・販売・コンサルティング
本件に関するお問い合わせ

株式会社テレコムスクエア 広報担当:岸・吉武
ご購入に関するお問い合わせ TEL:0120-388-212
報道関連取材のお問い合わせ TEL:03-3239-3252E-mail:press@telecomsquare.co.jp

ページの先頭へ