Press Release- プレスリリース -

中華電信のプリペイドSIMカードを新千歳空港のテレコムスクエア店舗にて販売開始

世界各国のモバイル通信機器を提供する株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉竹 雄次、以下当社)は、2018年2月1日より台湾最大手の通信会社である中華電信股份有限公司(以下、中華電信)のプリペイドSIMカードの販売店舗に新千歳空港を追加しました。これにより従来の成田空港、羽田空港、関西空港、福岡空港と合わせて、全国5空港7カウンターでの購入が可能となりました。

中華電信のプリペイドSIMカード

【本リリースのポイント】

  1. 1. 中華電信のプリペイドSIMカードの日本販売は、当社のみ
  2. 2. 格安航空会社(LCC)の発着便数の割合が多い空港での販売を強化
  3. 3. 国内での事前購入により台湾入国後すぐに利用できる点が高評価

昨年8月に成田空港、羽田空港での先行販売開始後の分析で、格安航空会社(LCC)の発着便数の割合が多い店舗での販売が多く見られました。その分析結果に基づき12月には関西空港、福岡空港を販売店舗として追加し、このたび新千歳空港も追加いたしました。

日本国内では中華電信のプリペイドSIMカードは当社の空港店舗でのみ販売しております。今回の新千歳空港での販売拡大により、東北・北海道地方の方も国内空港で事前にSIMカードを購入できるようになりました。

モバイルセンター新千歳

中華電信のSIMカードを国内空港で事前に購入できることについて、多くのお客様より高い評価を受けております。台湾到着時間が深夜時間帯になる場合や、入国審査に時間を要する場合もあるため、国内で事前購入できる利便性が魅力です。

中華電信のプリペイドSIMカードを日本で販売する正規代理店は、当社のみとなります。当社はお客様が台湾旅行をより楽しめるよう、中華電信SIMカード販売を通して満足度の高いサービスを提供してまいります。

【商品概要】

「4Gデイ型プリペイドカード 5デイタイプ」

・料金
1,400円(不課税)
・データ通信量
無制限
・通話
通話料50元分無料
・通話リチャージ
中華電信営業窓口または特約サービスセンター、台湾国内のコンビニでリチャージカードの購入が可能。
※利用期間の延長はできかねます。

【注意事項】
  1. 1. 本商品は上記空港カウンターのみでの販売となります。ご予約は承っておりません。
  2. 2. 本商品ご購入時、空港カウンターで「パスポート」と「第二証明書(搭乗券または運転免許証)」の2点のご提示が必要となります。
  3. 3. 20歳未満の方への販売はおこなっておりません。
  4. 4. 本商品の販売は、お一人様につき一枚のみとなります。

【2/1より追加される販売場所】
  • ・新千歳空港 国際線ターミナルビル 2階 「モバイルセンター新千歳」 (営業時間8:00-20:00)

【中華電信プリペイドSIMカードの利便性と魅力】
1. 高い信頼性のSIMカード
台湾最大手の通信会社である中華電信のSIMカードです
2. 広いサービスエリア
サービス提供エリアも台湾国内で最大となっています
本商品をご利用いただくと、中華電信の50,000カ所のWiFiスポットにも無料でアクセスが可能です
3. データ通信量が無制限
容量が重い写真や動画などの送受信も、データ通信容量を心配することなくご利用いただけます
4. 6日間利用可能
1日分の無料通信が付いておりますので、実質6日間ご利用いただけます
5. 無料通話付き
50元分の無料通話も付いておりますので、音声通話もご利用いただけます
6. 事前設定不要
事前の登録情報入力や端末の設定が不要で、SIMカードを入れるだけですぐに利用できます
7. 日本語での購入と利用説明
出国前に、日本の空港にて日本語による説明で購入できるため、現地でのSIMカード購入に不安のある方は安心して購入できます。国内主要空港(成田、羽田、関西、福岡、新千歳)にて購入できます。
8. 台湾入国後すぐに利用可能
台湾到着時間が深夜時間帯になる場合や、入国審査に時間を要する場合、また入国審査後にツアーの集合時間がある方でも、現地で慌てずスムーズに利用開始できます

以上

ページの先頭へ