Press Release- プレスリリース -

弊社コンタクトセンター部門スタッフの取り組みが、「月刊コールセンタージャパン」に掲載されました。

コールセンターを中心とした対応部門のマネジメント層向け雑誌「コールセンタージャパン」の5月号にて、弊社のコンタクトセンター部門マルチリンガルサービスグループ徐鳳花(ジョホウカ)チーフの活動を紹介する記事が掲載されました。徐はコンタクトセンター・アワード2018にてリーダー・オブ・ザ・イヤーを受賞しております。

コンタクトセンター・アワード リーダー・オブ・ザ・イヤーとは?

「コールセンター・アワード」とは、コンタクトセンターの資産である人材と業務改善の施策を評価し、コンタクトセンターの相互研鑽を目的とする、株式会社リックテレコム コールセンタージャパン編集部主催の表彰制度です。その中の「リーダー・オブ・ザ・イヤー」は業界の模範となる現場の中間管理職、スペシャリストに送られる個人表彰です。

掲載記事では、リーダー・オブ・ザ・イヤーを受賞した徐が取り組んできた具体的な活動や背景、その結果についてご紹介いただいております。

徐は、専門知識や言語、文化的背景を理解した対応スキルを活かし、海外パートナー各社に対して前例のない新しいアプローチを図ってきました。海外パートナーとの定例会を企画してパートナーシップを強化し、パートナーから持ち帰ったノウハウを活かした顧客対応を実践した結果として、CSとESの大きな向上につなげることができました。

徐のアプローチは商品の品質管理体制構築へも派生し、問い合わせ、クレームの減少、コストの大幅な削減を達成しました。既成概念を取り払う姿勢を貫く徐の活動内容や、具体的な貢献についての記事となります。

詳細は以下の記事をご覧ください。


以上

ページの先頭へ